というわけで新年初読書は森博嗣でございます。短編集というかなんというか、一本テーマがあるようでない、霞がかかったような本でしたな。しかし森は本当に小説が巧い。これは小説がしっかりしているとかそういうのとは一歩上の概念で、ギターで言うならギター早引き、ピアノならリストの練習曲といった感じであります。そこらへんの巧さがよく出た短編集で非常に満足でした。雰囲気の共通性も保たれていたし、キャラクタも魅力的だった。面白かったですね。ホント、森はミステリを書かないべきですよ。